Bright Sky

アクセスカウンタ

zoom RSS 山菜の王様の季節到来

<<   作成日時 : 2018/04/04 21:43   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

いよいよこの季節が巡ってきました。

桜があるていど咲きだしたら、次はこれです。
本格的な山菜シーズンIN><♪

春の七草から始まって、フキノトウ、そしてツクシ、ツワブキ…と、
僕にとってはそれは序章に過ぎないのです。

いちばんの本命、それが王者タラノメであります><!

以前もタラノメの記事はかなり書いたと思うのでゞ短くまいります。
では、軽くいくぜっ
画像


タラノメは憧れの山菜でした。
もとの地元にいた頃に出会えたことはありませんでした。

山菜の図鑑は山に登りだした1986年に買った山と渓谷社の本をいまだに愛用しております;
いつか出会いたい山菜だなぁと切望しておりましたが、、、

福岡へ来て初めの頃は、海も近いので釣りにハマりました。
が、
山もすぐ近くにあるので、低山とはいえまた山へ登りだしたある時、林道を下山中にふと脇を見ると、あの山菜の王様タラノメが生えていたのです。

僕は生まれてはじめてタラノメ(タラの木)を見た感動を今でも忘れられません><

一本立ちで固いトゲトゲの木です。まず皮手袋をしていなければ安心して採れません。
画像

少し似ているコシアブラも食べれますし、売られているものはそのコシアブラをタラノメと称して売っていることも多いようですが、まったく全然違います。それは繊維が強く、芽も細く僕は苦手。

本種のタラノメは、たとえば天ぷらにしますとあの固いトゲはどうなったのかと不思議なほどもうホクホクと柔らかく、ぶ厚く、甘いですよね〜♪(あまり食べ物に甘いとか言いたくはないのですが…)

で、採ってまいりましたぜv
画像

でも…、昨年からそうなのですが、季節が微妙に変わっているかんじで、ボクは今年ちょっと出遅れました…
もう採られている木が多く@@;
くっそーーヽ><ノ (これは早い者勝ちなので、仕方ないです)

妻も、もともと故父上が自然好きの影響で植物が大好き。
ですが、さすがに山菜系はわからず、僕と出会ってから開眼したようです。

山の中では(展覧会でもそうなんですが…;)、
ふつうは、一緒に楽しく採ったりしますでしょ・・・

ヤツは、僕が左へ採りに歩いて行ったら逆に右へ歩き出しますものね…▼▼;
そげん狩猟の血がさわぐのかい… つーか僕がキライなの@@;?

まぁお互いに山の中ではもう必死に登り下りもあるので、別行動しながらぽつぽつと収穫を見せ合い合流。
画像

きつかったろう><わかるよ。

採れました。
今年、我が家にとっては初物タラノメです〜♪
画像


タラノメはトゲが激しいので、まず素手ではなかなか厳しい。
ですが、だからといってナイフなどを持ち出してきて切られる方もいますが、お願いだからそれだけは絶対NGですからね><▼▼

また、まぁぎりぎり、二番芽までは採ってもまぁぎり大丈夫ですけれど、
なるだけ一番芽だけを…そして三番芽はもうお採りにならないで下さいね; ;

皮手袋をしたらまったく痛くありません。手で先端だけをポキリと、ね^^

これは一番芽をもう採られていますでしょ、が、ちゃんと二番芽を残して下さってますでしょう。
あとから来た人用に、そして木のためにこのようにマナーのある人が多い土地柄です。
画像

もちろん僕はこれはもう採りません。

が、
これは↓昨年の写真なのですが、実に心ない人もいるものだと憤懣やるかたないを通りこし、もう悲しかった…
もはや殺人に匹敵するレベルでサイアクでしょう…(超怒!マジでざけんな!!▼▼
画像

画像

見たとき、愕然としましたよ・・・
言葉を失っていっとき呆然としてしまう、そんなことなかなかないでしょ、僕は昨年そんな光景を目の当たりにしました…; ;
もうここは終わってしまった
タラノメは生命力は強いほうですけれど、こんな採りかたをする大バカ者がいるので、たまらないよ…; ;


残虐にここまでして採りたいのか…; ;
来年も楽しもうと思わないのか; ;
木も生きているんだぞ…; ;
山に入ってくる資格もない。

やけん、そういう不届き者や心ない人間がいるため、写真は限定的に出させてもらい申し訳ないです。
風景写真も、青い海と桜とタラノメとか撮りましたが、近くの人が見たらきっと場所バレし、場荒れ必至なので控えさせていただきました…m(_ _)m

もちろん、穴場で極秘とかではまったくありませんよ。
たとえば、といきなりぶっこんで持ち出してしまい恐縮やけど^^
(ごめんよね)nas-nasさん、オフで来られたら(いやでも)お連れしますよ〜v
タラノメの天ぷら、もうまったくもって美味しいですよねー♪
画像

ただ、採れ過ぎた場合、天ぷらばかりだとさすがに飽きますね…
おひたしとか図鑑には載っていますがなんかねぇ・…いいメニューないかなぁ

今春もがんがん採りに行きますぜー><ノ
画像


タラノメ採りとは別に、たまには山の中でのランチも気分よかです^^ゞ
画像



BGM: リック・スプリングフィールド 「Love Somebody」 YouTube
 
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。タラの芽、美味しそうですねー。
そうそう、ばか者いるんですよ。山野草なんかも取って行っちゃう。
悲しいですよね。私はもっぱら写真に撮るだけです。
イッシー
2018/04/05 12:04
★イッシーさん、こんにちは
おっ同期しましたね♪ちょうど御記事にコメ入れさせて頂いたところだったのですよ。
自然の恵みは、古来から山の幸も海の幸も、いただきますの想いをもって生命を有難く謙虚に頂くもの。
山野草は、自分も山を歩くのでそのような人間をたまに見かけます。
マナーという前に、愛を感じない人間もいるんだなぁと悲しいのと空恐ろしい二つの気持ちがわきます;;
そんなヒトがペットとか絶対飼わないでとさえ思うほど僕は怒りを感じますですよ…;;

しかし、御記事のアーモンドの花、誠にお見事でしたm(_ _)m美しかったでしょう?
福岡城址のはもう哀れすぎて見に行っておりません。
妻と出会ったころの花なんですゞ今夜見せますよ、本当に有難うございました!
そしてタラノメも採りに来られて下さいー><ノ
ソフィア
2018/04/05 12:27
★小枝さん、こんにちは
失礼致しました、お気持ち気づけず。有難うございます><
今年は花粉症が徐々に緩和してきて、2時間ほど妻と休日に山へ行ってまいりました。
タラノメとかツクシとか(あげくの果てには干物とか踊り食いとか@@;)もう、とんでもない田舎記事ばかりなのにご高覧下さり有難うございます。
僕もね、ほんとは街にも帰りたい;;
…でも、田舎暮らしすると街が遠いです;;

で、
小枝さま。
タラノメ、お好きー?ヽ(´▽`*)ゞ
ソフィア
2018/04/05 12:40
こんにちは☀
タラノメの天ぷらを食べたりしますが
フキノトウの苦味のある天ぷらのほうが
好きかも知れません。
後者は庭に僅かながら芽吹くことがあり…
気が向いた際には天ぷらにしています。
小枝
2018/04/05 12:51
★小枝さーん、こんにちは
わざわざ有難うございます;m(_ _)m
うっ、分かりますです><フキノトウもまた美味しいですよね。
苦みは一番最後に修得する味覚でしょう?若い頃はどうでもだったのに、今はわざわざ苦みを楽しみたい自分がいます。
天ぷらは実は衣があまり苦手で、まだ唐揚げ(鶏やトンカツとかゞ)のほうが好みなのですが、山菜にパン粉つけるのもですねぇ…@@
なので天ぷらないしは素揚げで楽しみますね。
フキノトウのフキ味噌を作ったり、タラノメの和え物もするのですが、やはり今のところ天ぷらが一番かな〜;
ウチも庭の裏にフキが出ます♪、が遅いのでまだつぼみなのですよ。
ツワブキ(そちらもありますかね)福岡で覚えましたがこのコ達も美味しくて、イモヅルよりすきかも><
って、春は山菜好んで食べてます@@ゞ恥(ワラビはあまり…)
誠に有難うございましたm(_ _)m
ソフィア
2018/04/05 18:08
大豊作ですね!天然ものは香り高く美味しいでしょ!二番芽、判断できないと枯らしちゃうから気をつけないといけませんね。これから美味しいモノがいっぱい食卓に並ぶ季節でイイですね
achisi
2018/04/05 18:14
★achisiさーん、こんにちは
さすが自然愛するスキーヤーですね!わかっていらっしゃる(惚れますぜ)
そのお口ぶりですと、タラお食べになってお好きでしょ♪うれしかぁヾ><ノ
タラも本来は意外と剛健な威力旺盛な木です、なので、(産直で売っていた木を庭の裏に植えており実験済みゞ)でもまぁネットで言うのもなんなので言いませんけれど、せいぜい二番芽までという表現にしましたゞ
achisiさんならばお察しくださいますかも。

ただ、都会のほうでは山へ入る人の数もこちらと違い多いでしょうし、二番芽は採らないでとわざわざ本でも書かないととんでもないことになりますかもで…
(あとで修正しようかなぁ;)
どうもありがとうございました!♪
ソフィア
2018/04/05 19:00
私はタラノメの美味しさを知ったのは最近です。
天ぷらしかわかりませんがとても美味しいですね。

ご自分で採られたものはより美味しいでしょうね。
スイングおじさん
2018/04/05 19:18
おお、山の幸がいっぱい採れましたね。しかし、自分で採るのはスゴイですね。しかも、いっぱい。自然が豊富なんでしょうけど、そんな自然は大切にしないとイケませんね!!
nas-nas
2018/04/05 20:30
★スイングおじさんさーん、こんにちは
タラノメ美味しいですよね、お分かり頂けるなんてもう惚れ直してしまいますではないですか><ノ

ですよね、僕も九州に来て初めて知った味です。
なかなか関東都市部では見かけられませんものね。僕も大体本当にこれが食べれるのかな?と思うほどに固いトゲに包まれた芽で。
ですが本当にほくほくとしていて旨みも凝縮で、マジで美味しいですよね><
スイングおじさんさんのことですので、もしかして料亭とかで@@?羨
ですがワイルドに山の中で採った野趣あふれるタラもまた風味は一味違いますかも;
林道ツーリングもしたかですよ〜♪
ソフィア
2018/04/05 21:49
★nas-nasさーん、こんにちは
あなた様、すごか…。記事の中で愛読書があると書きましたが、その本の題名はまさに「山の幸」(山と渓谷社)です。
ぞっこん惚れてしまってよかですか@@;
でも、ツクシ、今春も食べてないでしょ…@@まだきっとありますよ、食べてん><!

自然のものを採るのもある意味搾取ではあり生命を奪います、釣りもそうです。
ですが、逆にそのようなことする者たちは慈しみの気持ちが溢れてきます。だって、例えば釣ってすぐの魚をその場でしめたりとか目の前で自分でせんといかんのです。
やけん、稚魚のようなコとかこのサイズではリリースだなとか思う方々が多いです。
自然も無限にあるわけではないけれど、でも恵みも与えてくれる、その中庸を皆さまが各々の優しいお気持ちで接していかれて下さると、自然はそれに温かく応えてくれると僕は思うのです…
最近、文が少し荒れ気味でごめんなさいm(_ _)m
山菜いつか一緒に食べようヾ><ノ
ソフィア
2018/04/05 22:04
★ゆらり人さーん、こんにちは
お気持ち誠に有難うございます。そして御記事へコメントを不躾に入れさせて頂いたのにご丁寧にご返信有難うございます。
貴方様の作品にはただただ驚愕しております。どのようにしたらこのように作り上げるかさえ分かりません@@;
本当に素晴らしい、とか安易に言える次元ではなく…

凄いお方が日本には沢山いらっしゃるのだなぁと嬉しく驚き感動しております。
ご体調、早く治られますよう福岡からも思っておりますぜ!!><
今後もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

…ところで、タラノメお好き〜?ヾ(´▽`*)
ソフィア
2018/04/06 22:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
山菜の王様の季節到来 Bright Sky/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる